屋外実習(風景クロッキー)

今日は近所にある大池でインクによる風景クロッキーの実習をしました。1週間ほど前の大風で大分葉が落ちてしまいベストとは行きませんでした。それでも好天に恵まれて森の中のスポットライトやスリットライト、逆光に照り映えた植物の輝き、水嵩の増した大池の絶景、青暗い陰を背景に鮮やかな色彩を放つ木々の葉の美しさ・・・等々、絵の題材は余る程取材出来…
コメント:0

続きを読むread more

晴れ

坂下克也(通信2019-)F6/海や空のグラディエーション,崖のごつごつした感じ,そよぐ草等を再現してみたく,また,結果として風が感じられる作品を目指しました。【講評】断崖の上に立って渡って来る海風を感じ、晴れ晴れとした爽快さを味わう作者の心を感じます。
コメント:0

続きを読むread more

練習課題(卵)

中島哲也(2020-)A4色鉛筆/一本の線で広がる世界かな 色を重ねてさらに広がり……人の道と同様、色の道の奥深さが少しわかってきたように思います。
コメント:0

続きを読むread more

山のお色直し

三木裕子(2018-)F10/紅、黄、橙と、美しく衣替えした山のにぎわいに浸りました。【講評】自然界に鏤められた赤い色は元気とときめきを感じさせますね。
コメント:0

続きを読むread more

唐松の囁き

下川原トミ子(2015-)F8/奥日光、赤松〜小田代ヶ原にある林。黄金色の輝きは素晴らしいものです。【講評】金色に染まりながら歩む小道の幸せは何ものにも代え難いですね。
コメント:0

続きを読むread more

天国へ続く道

矢澤りつ(2018-)F8/この道の先はオホーツク海で、果てしない広大さには圧倒されました。【講評】何も遮るものが無く自由の天地で真っ直ぐな思いを映している様です。
コメント:0

続きを読むread more

秋桜の風と共に

野口洋子(2011-)P10/シャッ、シャッ、シャッ、シャッ、・・・、車輪の音がだんだん大きくなりアッと言う間に過ぎ去って行った。爽やかな秋風を残して。【講評】湖畔を吹き抜けた風は新しい季節を運んで来た様ですね。
コメント:0

続きを読むread more

ひまわり

間中和子(2013-)F6/太陽に向かって花開く向日葵、風に吹かれ気持ち良さそうに揺れていた。葉群を描くのに時間が掛かりましたが、出来た時には喜びでした。【講評】畑の中に輝く小さな太陽の様です。
コメント:0

続きを読むread more

三木裕子(2018-)F10/強い日差しをよけて木陰に入ると川面を渡る風が心地良い。【講評】いかにも涼をとっている感じがします。
コメント:0

続きを読むread more

ディズニーシーにて

尾形祥子(2008-)F4/8年前のディズニーランドはとても混んでいて大変でしたが、2日間、夢の国の世界を楽しみました。【講評】レイアウトフレームも夢見ている雰囲気を高めています。
コメント:0

続きを読むread more

ある晴れた日

中川幸子(2018-)F6/爽やかな秋の日、筑波山がとても綺麗で絵にしたいと思いました。【講評】広々とした眺望は気分を一新させてくれます。
コメント:0

続きを読むread more

おひるね

増田多美子(2015-)F4/安心しきって寝ています。かわいい、とにかくかわいい。【講評】つい躊躇いがちな黒の表現ですが、きちんと黒犬になっています。
コメント:0

続きを読むread more

夕日

菊地洋子(2015-)F6/夕日と雲の表現が難しかったが、仕上げる事が出来て良かった。【講評】美しい夕日です。
コメント:0

続きを読むread more

払沢の清流

石田貴(2015-)F6/秋川の源流のひとつ、払沢清流の静寂さを表現しました。水底の濃淡表現を学びました。【講評】ラップマスキングの技が益々冴えて来ました。
コメント:0

続きを読むread more

練習課題(グラス)

南雲フミ子(2020-)F6/写真の様な絵画を私にも描けるのかととても不安でした。先生の指示通りに描いていたらいつの間にか完成しました。初めての作品で感動しました。2作目はもっと頑張りたいと思う。【講評】課題のテーマである透明感のあるグラスがクリア出来ました。
コメント:0

続きを読むread more

西伊豆入江の夕陽

渡邉佳彦(2014-)手拭/今日も無事の一日をありがとう、と言う景色です。絵の完成までは無事ではなく苦労しました。あきらめかけた絵も波の表現を手ほどき戴いて見事に完成しました。【講評】なんともドラマチックなそしてダイナミックシーンですね。
コメント:0

続きを読むread more

秋風

野口洋子(2011-)F10/さわやかな秋風が吹き始め、ススキが風に揺れて里を見守ってくれているようです。【講評】何気ない日常風景ですがこんな風景こそ気付くと消えてしまっている心の故郷である事が多いです。
コメント:0

続きを読むread more

祈り

三木裕子(2018-)F8/母子ともに元気でひ孫が生まれます様にと、心からの祈りを・・・雨引観音にお詣りしました。春たけなわ枝垂れ桜のやさしい花色が感じられたら嬉しいです。【講評】光る桜花が喜びの祈りを伝えてくれている様です。
コメント:0

続きを読むread more

至福の時間

下川原トミ子(2015-)F8/共に誘われ出掛けた奥日光。自然の美しさを満喫しました。【講評】人が触れる事の出来ない美しさは誰の心をも清めてくれますね。
コメント:0

続きを読むread more

音色にさそわれて

矢澤りつ(2018-)F8/大宝八幡宮の境内で行われる"風鈴まつり"です。この音色を耳にすると幼い日の夏の風景が蘇ります。【講評】子供の未来を見守る神様の懐を感じますね。
コメント:0

続きを読むread more

アクロポリス遺跡

鈴木宏子(2015-)F10/丘の上に作られた神殿は抜ける様な蒼い空に白い大理石の円柱が印象的でした。【講評】壮大な古代歴史ロマンの一端に触れる思いですね。
コメント:0

続きを読むread more

メッセージ

渡辺澄江(2009-)P10/友より戴いたフォトを素に、水彩紙の中で古都トレドに旅しました。日本には無い光りと陰影がとても好きで心地良い時間を過ごせました。【講評】古都の街並みを抜ける路地歩きは楽しいですね。
コメント:0

続きを読むread more

春うらら

小谷野伸二(2017-)F10/いつも歩く散歩道の長閑な春です。【講評】一見簡単そうな構図ですが光が均一でアクセントが少ない分、難しかったと思います。
コメント:0

続きを読むread more

練習課題(紙袋)

長友春菜(2019-)F6/明暗の関係に注意しながら質感の違うモチーフを描き分けるのが楽しかったです。モチーフの関係にも気を使いました。【講評】それぞれの質感を表現出来て課題のテーマはクリア出来ました。
コメント:0

続きを読むread more

原岳-2/M25/生まれた時から沿岸部に居住しており海は身近な存在である。海を描いて居ると自然と心が落ち着く自分を発見した。【講評】寄せる波が白く崩れる様はいつまでも見飽きないですね。
コメント:0

続きを読むread more

緑の風

原岳-1(2015-)四つ切 アクリル・グァッシュ/80%以上が緑のモノトーンでややもすれば単調になり易いが、それに対比して静かな流れがアクセントとなっています。【講評】静かな森の中を微かなせせらぎだけが聞こえて来る様です。
コメント:0

続きを読むread more

赤坂日枝神社

鈴木道郞(2016-)F8/赤坂日枝神社は小高い山の上にあります。参道は巨大な階段と橋で出来ており、更にエスカレーターまで完備しています。この異様なまでに巨大な土木建造物を今回主題にしました。【講評】作者の東京シリーズは居ながらにして都内各所を案内されているかの様です。
コメント:0

続きを読むread more

その日暮らしの里の駅

田村一磨(2008-)M12/西日暮里駅、知る人ぞ知る場所だと思います。鬱蒼とした境内を抜けると、いきなり視界が開けてこの景色です。行き来する電車をしばし眺めてしまいます。【講評】地形の変化点は景色がダイナミックに変化します。異界の接する界面になっていますので沢山のドラマが蠢いています。
コメント:0

続きを読むread more