PINEAPPLE

松田鉄二郎(2018-)A4色鉛筆/美味しそうなパイナップルが描けました。今回は短時間で集中して描きましたが、完成に近付くにつれ楽しくなってきました。
コメント:0

続きを読むread more

晩秋

友水ヨシ子(2010-)F6/夕方の榛名湖を明るくカラフルな風景にしました。【講評】ひと工夫が効果的にドラマチックになりました。
コメント:0

続きを読むread more

泳げ鯉幟

間中和子(2013-)F6/通りすがりに見掛けた鯉幟、うわあぁ凄い! この光景を目の当たりにして泳ぐ鯉幟に暫く見とれ、心の安らぎを感じました。木の描き方がもう一工夫です。【講評】柏餅を忘れてしまう様な泳ぎっぷりの様です。
コメント:0

続きを読むread more

山に見守られて

横内弘信(2011-)F10/久し振りに孫三人が揃いました、お陰様ですこやかに成長しています。影の濃さを改めて学びました。【講評】内輪ならではの気心が知れている笑顔の面々です。
コメント:0

続きを読むread more

地平線と雲

中山さだ子(2010-)F6/風の吹き抜けるテラスにて不思議な雲の流れに心癒される一日でした。【講評】洋上に浮かぶアオシスの様です。
コメント:0

続きを読むread more

爽やかな散歩道

下川原トミ子(2015-)F8/いろいろなむ緑が楽しめるこの季節、気持ちの良い一日を過ごす事が出来ました。【講評】春先の独特な緑の雰囲気が良く出ています。
コメント:0

続きを読むread more

少年時代

田村一磨(2008-)P12/荒川の土手「堀切」と言う所です。季節は春、仕事の合間での散歩なので、あまり褒められたものではないですが、絶妙なタイミングの風景との出会いとなりました。【講評】既に綿毛となって独り立ちの時を迎えています。沢山の仲間と飛翔の時を待っている様です。
コメント:0

続きを読むread more

竹芝桟橋

鈴木道郞-2(2016-)F8/浜松町周辺の再開発に伴い竹柴がリニューアルされました。浜離宮と築地方面が一望できます。夏の日差しを表現しました。【講評】日差しとも相まって都会のオアシスになっていますね。
コメント:0

続きを読むread more

高幡不動の紫陽花

鈴木道郞-1(2016-)F6/紫陽花で有名な高幡不動尊。ガクアジサイの花の美しさに心打たれましたが、絵に描く際にはじっくりと取り組みました。【講評】ピンクと青紫の取り合わせが美しいですね。
コメント:0

続きを読むread more

夏を受け止めて

小谷野伸二(2017-)F10/降り注ぐ夏のエネルギーを全て受け止めている大地や植物の生命力の偉大さに感動しました。【講評】紆余曲折しながら辿り着く目標は目前に迫っています。
コメント:0

続きを読むread more

鎮守の森

坂本光康(2015-)F6/光の表現を工夫しました。鎮守の森の雰囲気を如何に強調するか努力しました。【講評】季節柄、雪が残る山の冷気が吹き下りて肌を撫でて行く触感を感じます。
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の晴間

三木裕子(2018-)F6/雨続きの中に一日だけの晴天、水辺の緑が一段と陽光に映えて気持ち良いひと時でした。【講評】深い夏緑に囲まれた中の水辺は涼を感じさせますね。
コメント:0

続きを読むread more

あじさい

中川幸子(2018-)F6/繊細な紫のグラデーションを勉強しました。うっすらと描くのは大変でした。【講評】小さな断片を沢山描くのは手順が複雑になりがちですね。
コメント:0

続きを読むread more

夏の香り

矢澤りつ(2018-)F8/この細い道を辿ればどこへ辿り着くのだろう? 少しドキドキしながら進みます。【講評】人生の細道は森の小径を歩む様なものですね。
コメント:0

続きを読むread more

昇仙峡/仙娥滝

渡邉佳彦(2014-)新緑と紅葉は目を見張る絶景ですが、春を待ちわびる滝の姿も一興です。【講評】何万年と気の遠くなる時間を掛けて水が岩肌を磨き絶景に至ります。
コメント:0

続きを読むread more

今、あなたは主役!!

野口洋子(2011-)P10/森の中、お日様からのスポットライトを浴びれば誰だって主役です。その時、私は森のマイナスイオンをいっぱい浴びてます。【講評】注目する意識こそスポットライトになります。
コメント:0

続きを読むread more

落雲の滝

原岳(2015-)F10/勾配の急な沢を下りると、そこは三筋の白糸の様な流れがあった。【講評】人を寄せ付けない秘境の趣がありますね。
コメント:0

続きを読むread more

小さな漁港

原岳(2015-)F8/震災の爪痕が今も残るが、時間の経過と共に以前の長閑な港に戻りつつある。【講評】如何にも鄙びた雰囲気が横たわっている様です。
コメント:0

続きを読むread more

サマー・グリーン

佐藤友枝(2015-)P10/過日、先生と探訪した宍塚大池の取材写真から早速描きました。辺り一面、夏緑の木の間からこぼれる木洩れ日の森です。グァッシュで修正方法を学びました。【講評】雑然としたモチーフでしたが森の雰囲気がよく伝わります。
コメント:0

続きを読むread more

朝日と満潮

米本寛志(2012-)A2変形/コロナ対策で stay home となってから毎朝、荒川土手を2時間歩いています。この風景は河上に6kmほど歩いた鹿浜橋から川口方面を望んだものです。後日、潮汐を調べると梅雨期に朝日と満潮が揃う川辺の光景に出会えるのは希な事と分かりました。【講評】梅雨の季節とは思えない程の爽やかな朝の気配ですね。静謐…
コメント:0

続きを読むread more

練習課題(ヤカン)

山崎典子(2019-)F6/輝きを出す技法は後ほど必ず試したいと思います。ヤカンに映り込んでいる青空や太陽の光をきちんと描く事で、ヤカンの存在感が増すのですね。観察する絵と対話する事の大切さを学びました。【講評】課題のテーマである金属感の表現がきちんと出来ました。
コメント:0

続きを読むread more

ライブ!!

小杉山和子(2006-)A4/楽しげに弾いているのを見ると応援したくなりますね。【講評】丁寧な描き込みが雰囲気をよく伝えています。
コメント:0

続きを読むread more

七色に染まる頃

下川原トミ子(2015-)F10/紫陽花は雨が似合うけれど、やっぱり晴れている方がいいですね。【講評】なかなか煩雑なモチーフをよくまとめました。まとめられる力が付いて来たと言う事ですね。
コメント:0

続きを読むread more

松明草

増田多美子(2015-)F8スクウェア/別名ベルガモットですが、緑陰の中で松明草の名がよく似合うと思いました。【講評】緑陰の感じがよく出ています。言われて見れば松明の様に見えますね。
コメント:0

続きを読むread more

ゆらゆら

高橋昭五(2010-)F10/水田を眺めながらの散歩は気分が一層さわやかになります。【講評】この時期、田圃のあちこちで水を汲み上げていて目立ちはしないものの美味しい米を作る大事な過程ですね。
コメント:0

続きを読むread more

ランプの宿から

増本成己(2017-)A4/ランプの明かりで映し出された印象的な情景が目に浮かび、思い出を絵にしました。ランプの部屋と斜光を取り入れた風景を組み合わせ、光の方向と強弱、色彩の変化を想像しながら描き進めました。
コメント:0

続きを読むread more

かわせみ

三木裕子(2018-)F6/美しい羽を持つこの小さい鳥に魅せられて、ようやく沼の木に止まったところを一枚。楽しい時間でした。【講評】俊敏に一直線に飛んで行くこの鳥は如何にも一本気な気性かと思わせる様な雰囲気がありますね。
コメント:0

続きを読むread more

関之尾滝

杉尾昌子(2016-)F20/日本の滝百選の「関之尾滝」を三年ぶりに大きくしてもう一度描いてみました。現地を描いているのでしっかり思い出せました。【講評】画面が大きいと臨場感が出て来ますね。
コメント:0

続きを読むread more

銀杏並木の二人

佐藤友枝(2015-)F6/信州上伊那の田圃に銀杏並木があり、黄葉見物や銀杏を拾う人達で賑わっていました。パステルで修正する方法を学びました。【講評】必ずゴールする事を目指します。
コメント:0

続きを読むread more

大師の池

濱志摩子(2012-)F8/西新井大使の境内にある大きな池。濃いがのびのびと泳ぎ癒やされる一時です。【講評】ホッとする一時ですね。
コメント:0

続きを読むread more

やすらぎの郷

清野龍介(2015-)M15/古い街バッサーノの時の流れが止まったような、眠気を誘う雰囲気を出したいと思いました。【講評】長閑な雰囲気は満ちています。
コメント:0

続きを読むread more

練習課題(グラス)

吹留俊宏(2019-)F6/どことなく光が少し表現できたかなと思います。今後はもっとしっかり表現出来るようにしたいと思います。【講評】課題のテーマはクリア出来ています。
コメント:0

続きを読むread more

大光院

長谷川博紀-5(2018-)P10/大光院は別名「子育て呑竜」と呼ばれている。昔と変わらぬ呑竜様に来ると境内で遊ぶ孫の姿に、今は親となった幼い頃の子供の姿が重なり時の流れを感じます。【講評】どっしりとした構えの風情が落ち着いた雰囲気になっています。
コメント:0

続きを読むread more

アガパンサス

長谷川博紀-4(2018-)/ニュージーランドのウェストコーストに行きました。アガパンサスの紫と白い花が咲いていて後ろの洋館とマッチして情緒溢れる光景でした。【講評】花のある風情は安らぎますね。
コメント:0

続きを読むread more