光風

牟田大景(2008-)A3縦パノラマ・色鉛筆/北海道根室湿原の静寂の中に生命・光・風を感じました。【講評】美しい光と共に湿性植物の繊細さが引き立っています。
コメント:0

続きを読むread more

三丁目の桜

高橋昭五(2010-)P10/近くの公園のサクラが雨上がりの朝日に輝いていました。【講評】目を見開けば身近な世界にも溢れている美しい光と影に気付きます。
コメント:0

続きを読むread more

砂浴び

沼尻勝文(2017-)F10/二階の窓から下を見ると鳩が砂浴びの真っ最中なのに気付きました。今回は主題と背景の表し方が勉強になりました。【講評】気付いた時にワン・ショット、グッド・タイミングでした。鳩の雰囲気が良く出ています。
コメント:0

続きを読むread more

万座毛

中山さだ子(2010-)雄大な海の景色とさわやかな風を感じながら描き上げました。【講評】高見から眺める海の広大さはひとしお広く感じます。
コメント:0

続きを読むread more

ベニスの晩餐

中川節子(2010-)M15/楽しかった旅の最終日、名物料理を堪能しました。【講評】旅路ではどれもこれも思い出になって幸せな時間が蘇ります。
コメント:0

続きを読むread more

憧憬

矢澤りつ(2018-)F10/こんな囲炉裏の側で熱いコーヒーを飲んでみたいものです。【講評】往時を知る者にとってはノスタルジーの世界に浮遊する様です。
コメント:0

続きを読むread more

午後の散歩

鈴木宏子(2015-)F8/散策の道すがら咲いていた清楚で可愛い花に癒されました。【講評】花は何処に有っても心が安らぎますね。
コメント:0

続きを読むread more

夕立の後(香港・西貢)

長谷川博紀(2018-)P10/夕立の去ったパスターミナルは先程の豪雨が嘘の様に上がっていた。濡れた路面が夕立の凄さを物語っていた。【講評】夕立はあらゆる物を一気に流し去る爽快感がありますね。
コメント:0

続きを読むread more

多摩川の清流

石田貴(2015-)P10/秋晴れの下、強い光で輝く明暗と色鮮やかな川面の美しさに惹かれました。【講評】透き通った山の水は美しく色彩も澄んでいます。
コメント:0

続きを読むread more

練習課題(風景)

吹留俊宏(2019-)F6/絵に専念できる幸せな時間をいっぱい持つ事が出来ました。今回の教訓は「マスキングは早めに剥がすべし」です。【講評】作者の個性がよくでた仕上がりになりました。
コメント:0

続きを読むread more

ゴーザウ村 part 3

小杉山和子(2006-)A4色鉛筆/朝早くピンク色に染まった山がすばらしく、4枚も描いてしまいました。【講評】日の出に染まる山はドラマチックで心を惹き付けますね。
コメント:0

続きを読むread more

蔵の街の風物

下川原トミ子(2015-)F10/最近あまり見掛けなくなった鯉幟。見ていると元気が貰えます。【講評】そう言われればめっきり見なくなりました。魚が空を飛んでも違和感を感じないのは日本人独特の感性なのかも知れません。
コメント:0

続きを読むread more

春を待つ渓谷

渡邉佳彦(2014-)P10/奇岩怪石を見ながら片道5㎞の峡谷をいつかのんびりと歩いてみたい。【講評】岩と澄んだ水の取り合わせは見ていて飽きません。
コメント:0

続きを読むread more

天邪鬼

増田多美子(2015-)F10/こんな可愛い鬼ならばお友達になりたい。【講評】重い荷を負う時の忍耐が鬼の力かも知れません。
コメント:0

続きを読むread more

爽やかな時

野口洋子(2011-)P10/勢いよく流れ落ちる滝、轟音と水しぶき、マイナスイオンがいっぱい!! 【講評】轟く重低音が伝わってきます。
コメント:0

続きを読むread more

祈りの海

高橋昭五(2010-)P10/震災から10年を迎え、松島湾に祈りの気持ちを込めました。【講評】天変地異に伴い風景も随分と変わって来ました。
コメント:0

続きを読むread more

田端の切り通し

鈴木道郞(2016-)F8/上野から赤羽まで日暮里崖線と呼ばれる崖が続く。いくつかある切り通しの中でこの田端の切り通しが最も美しい影で光を表現する方法を学びました。【講評】アーチはその向こうに何があるのか期待を抱かせる不思議な装置です。
コメント:0

続きを読むread more

湖畔の小さな秋

原岳-3(2015-)F8アクリル・グァッシュ/湖の周囲は松林になっており、そこに唯一の紅葉が秋を演出してくれる。【講評】季節の彩りは惰性に流れがちな日々の気分をリフレッシュさせます。
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の瀧川渓谷

原岳-2(2015-)F10/秋も深まり落葉を踏む音だけが聞こえる遊歩道は静けさに包まれている。【講評】都会の喧噪とは両極な空間で心のバランスを保つ魂の安らぐ場所ですね。
コメント:0

続きを読むread more

筑波山遠望

原岳(2015-)P12/冬枯れの頃、冬日の後方に遠く霞んで見える筑波山。その姿は正に100名山に相応しい。【講評】平野に突き出た独立峰は広範囲なランドマークになっています。
コメント:0

続きを読むread more

静寂

渡辺澄江(2009-)F10/宍塚大池、4月の朝。鳥の声と静けさに包まれ、時を忘れる時間。でも季節は1秒ずつ進んで行く。【講評】いつも喧噪を忘れられる静かな水辺ですね。
コメント:0

続きを読むread more

カルテッド

市毛直子(2020-)A3色鉛筆/白鳥が描きたくて何回か通いました。水辺の表現に時間が掛かってしまいましたが、その分、白鳥を楽しく描けました。
コメント:0

続きを読むread more